スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦 砂をたべたくなる

そう。あれは少し暖かくなってきた春のある日。

妊娠8ヶ月、25歳の彼女は

「庭に咲いた草花が美しいわ。それにしても春は風が強くてベランダに土ぼこりがたまりやすいわね。」

と春の訪れに心躍らせながらも、日課となりつつあるベランダの掃き掃除をしていた。

その時、いつもの様に土ぼこりが風と共に舞い上がった。
いつもと変わらない風景だったがその日は何かが違うということを彼女はまだ気づいていなかった。

太陽の光があたりキラキラと舞う土ぼこりはまるで、金粉のよう。

「うふふ。私と赤ちゃんを祝福してくれているようね。」
そう言って彼女は、すでに母親らしくなった顔に穏やかな笑みを浮かべた。


けれど、やはりこの日は何かが違っていた。


彼女の穏やかだった表情は、一瞬にして豹変した。

見るものを凍りつかせてしまいそうに一点を見つめる目。
半分に開いた口。
早くなる脈拍と呼吸。
お隣さんにまで聞こえてしまいそうな生唾をゴクリと飲む音。

「た…た…食べたい。今スグに…
今スグにでもこの土ぼこりが!土が食べたい!!!」

彼女は突然、土ぼこりをを食したいという衝動にかられてしまったのだ!!!

ちょっとなめてみようかな・・・

「でもきたないよ!」
「でも、案外平気かもよ!食べちゃいなよ!おいしいよ!」
「でも赤ちゃんにも悪いよ!」

彼女の聡明なはずの頭脳に天使と悪魔のささやきの様な声がこだまし、判断を鈍らせる。

「ああ。誰か助けて・・・・・・・・・!!!」

その時彼女はふと以前に聞いたことのある話を思い出した。

「妊娠中とかに鉄分が不足すると砂や泥が食べたくなるんだって。」

彼女の表情に再び冷静さが戻ってきた。
息を整えこうささやいた。

「土を食べたくなったのは鉄分不足のせいなのね。私、土は食べないできちんと鉄分を補う食事をするわ。怖い思いさせてごめんね赤ちゃん。」

ジ エンド



ということで、この物語の主人公は私です。少々着色されていましたが大体こんな感じで砂がたべたくなったんです[:イヒヒ:]
2人目を妊娠したときは、近所の子どもが石ころを口に入れるのを見て私も同じことをしたくてたまらなくなりました。
でも「ステーキを食べるといい!」と聞いてステーキを食べると数日間はそういう衝動にかられることはなくなりました。
身体って、不思議ですね~ 

ここでちょっと貧血について。
妊娠中は、血液量が増加します。
その中でも血液中の血漿(けっしょう)量が増えるそうです。
血漿は血球以外の部分だから、つまり血液を水っぽくしている部分。
この血漿が増えるということは、血が薄まるということ、それは、
貧血になりやすいということなんです。
ヘモグロビン値が11g/dl未満およびヘマトクリット値33%未満
にまで低下した場合を、妊娠貧血といいます。
土ぼこりを食べたくなった後の血液検査ではヘモグロビン値が11g/dlで、ヘマトクリット値が32.3%で、
ドクターには「このままだと確実に貧血になるから食べ物気をつけてね」
と言われました。鉄分はわたしの年齢で1日6.5mgとらなくてはいけないところ、
妊娠中はさらに13mg付加する必要があります。

妊婦さん、貧血にはくれぐれも気をつけてくださいね!
ちなみに貧血がひどいときはお医者さんから鉄剤が処方されるのできちんと伝えてくださいね!


明日は、もう少し真面目なトピックで書きたいとおもいます。


written by ナオコ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。