スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日のラジオ収録♪

ジャパンアライヴブログを読んでくれてるみなさん、こんにちは〜!
とんでもなくお久しぶりです。くみです。
あまりに長いことブログを書いていなかったのですが
先日のまことの記事をきっかけに
また頑張ってアップしたいと思います!!(思います)

さて。
ブログはさぼっていましたが
ラジオ収録やお勉強(個人的な趣味かもしれないですが)はさぼっていないですよ〜
というわけで、明日もラジオ収録行ってまいります。今日はその内容をちょっとだけ紹介。

先週、ポラリスプロジェクトジャパンさんのセミナー「性産業が児童養護施設退所後の福祉になっている現状を止めるために」に参加してきました。児童養護施設等の社会的養護退所後のアフターケア相談所「ゆずりは」の所長高橋亜美さんの講演でした。こんな感じのこと。
ポラリスさんのホームページ、ポラリスニュースより紹介させていただきます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



児童養護施設で生活していた子ども達は、高校卒業、高校中退、または中学卒業を機に施設を出なければなりません。16歳で社会に放り出されてしまって、ほとんどの子どもたちは非正規雇用で、生活がぎりぎりです。助けて、という声を、聞いてくれる親もいないのです。心も体も家庭でボロボロにされた子たちが、養護施設に守られていても、その後がないです。社会、そして支援者の中にも、「子どもは援助交際を選んでやっているんだ」という偏見はたくさんあります。でも「選ばざるを得ない」環境があることについては、ほとんど考えてないのが現実です。家族から逃げる方法しかなかった子供たちは、社会的な保護が十分ではなかったため、性産業、そして人身売買の罠にかかってしまうのです。

アフターケアー相談にくる70パーセントは女性で、性被害、性虐待をうけた子ども時代を受けた女性であることがほとんどです。借金を何百万も抱えたり、風俗をやめたいとしても、50万円払わないとやめられないと相談する子もいます。援助ホームの男の子は、「女はホームレスにならなくていいよな。体を売ればよいから」とかよく言いますが、女の子の答えはいつも、「私だってホームレスになりたいよ。でも外で寝てたらレイプされてしまう。だから、援助交際しなきゃいけないんだよ。」

大人は、こんな子供たちを自分の利益のため利用しています。人には、特に子供たちには無限な可能性があります。私たちは、その子たちがちゃんと自立するように、安全な環境を作らなくちゃいけない、と痛感しました。

児童養護施設等の社会的養護退所後のアフターケア相談所「ゆずりは」のホームページ
http://asunaro-yuzuriha.jp/



とても考えさせられる内容の充実したセミナーでした。
参加者の方々もとても意識の高い、そして実際にこのような支援をしておられる方々が多かったようです。

というわけで、このセミナーからの内容を来週と再来週のラジオでおしゃべりしたいと思っています。

また、再来週の放送では特別な曲も紹介させていただきます!
日本の子どもシーンをリードするアーティストらが歌う復興応援メッセージソング
colors〜絆〜


ぜひ聞いてくださいね〜!
放送時間は各地以下の通りです♪

仙台ラジオ3(宮城県仙台市)(FM76.2MHz)毎週水曜日11:30pm~11:45pm

オキラジ(沖縄県沖縄市)85.4FMz毎週水曜日10時

FMアップルウェーブ(青森県弘前市)(FM78.8MHz)毎週木曜日7:45pm~8pm

ラジオモンスター(山形県山形市)(FM76.2MHz)毎週金曜日7:30pm~7:45pm

さっぽろ村ラジオ(北海道札幌市)(FM81.3MHz)毎週土曜日9:30pm~9:45pm

FMコザ(沖縄県沖縄市)76.1FMz毎週土曜日8〜

エフエム・ポコ(福島県福島市)(76.2MHz)毎週火曜日7:30pm~7:45pm
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。