スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もどってもいい記憶ともどっちゃいけない記憶

こんにちは!
もう春♪♪♪
と宣言したくなるような気持ちのいい天気の仙台から
くみです。

3月も半分過ぎましたね。
ときどき
ふと去年の今頃の震災直後の生活を思い出します。
スーパーに入って物が溢れているのを見るときとか。
ガソリンスタンドに並んでいるときとか。
この普通ってすばらしい~~って。

昨日は、
仙台のある地域で車を運転していたら
ちょうど1年前にその近辺を運転していたことが思い出されました。

留守のお友達の家に泊めてもらって
近所の銭湯がオープンしていると聞いて
整理券をもらいに行ったときだったと思います。

一言でいえば
あんなにみじめな気持ちだったことも
あんまりなかったかもと思います。

ちょうどイギリスにいる友人から
日本にとどまることは親の勝手だヒーローぶってる場合じゃない
というようなことを言われて

いろんな意見が飛び交う中
自宅に帰るのが不安で
ガソリンも残り少なく
非常時の準備も全くしていなかった親としての自分たちが情けなく
沿岸部では大変な状況になっているのに自分たちのことで精一杯なことが申し訳なく
とにかく責められる思いや寂しい思いでいっぱいでした。

ということで、
昨日運転していたときに、
1年前に戻ったかのような感覚だったのです。
リアルに感じられるような気がしました。

でもそのとき
あの思いや気持ちにはもどっちゃいけない!
ってあわてて自分をストップしました。

数秒のことだったけど。

忘れちゃいけない過去もあるけど
もどっちゃいけない記憶って結構多いんじゃないかと思います。

たとえば!

ラジオなんかでも
「ゆるし」ってことの大切さを何度かおしゃべりしています。

「ゆるす」ことは、感情じゃなくて決断だってこと。

でも、前に傷ついた経験があって
その相手のことは許したはずなのに
ふとその感覚が戻ってきそうになるとき。

「まだ許してなかった」
んじゃないと思うんです。
そこにはもどっちゃいけないんです。
もどろうとすれば
いくらだってネガティブな気持ちって繰り返して経験できちゃうもの。
まるで過去と同じ経験を繰り返しているようなインパクトを
レプレイすることでもう一度受けて
あらたに傷を受けることってあるのです。

それとか
何かに依存していたんだけどもう克服したぞ!
って思っていたのに
また誘惑が。。。
「まだ弱い、まだ克服できてないんだ」
じゃないと思います。
そこにはもどっちゃいけない。
ちゃんと前に進んでいるのに
全部を取り消してしまうような思いがやってくるとき
そこに触れちゃいけないんだと思います。

どこに思いが向けられているか、ということで
何を感じるかも決まってきたりするのです。

良いことを確信していく毎日でありたいです。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。