スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたにははかりしれない価値があります

ジャパンアライヴラジオ
もしくは
ポッドキャストを聴いてくださったこと。。。ありますか?


番組の始まりにいつも
言っていること(ラジオだから見えないけど笑顔で心から!)があります。


あなたを必要としている人がいます。
あなたははかりしれない価値があります。
あなたは素晴らしい未来を切り開くことができます。




「あなたははかりしれない価値があります」


なぜか会うと自分のことについて気分が良くなる
(自分ってなかなかいいじゃんって思える)
そういう人ってみなさんの周りにもいませんか?
私の知っている人にも
そういう人が何人かいます。

接する人に
(それがメールであっても、電話であっても、実際にface to faceであっても)
言葉ではっきりそう伝えるわけでもないのに

「あなたは大切な存在だよ」
「あなたはそのままですごく愛される存在だよ」
(ってまたまた大げさかもしれませんが)

そう思わせることができる人。


そういうふうになりたいなぁ~
って私も思います。


私の尊敬する友人の中に
自分の子どもに対してそういう接し方をしているなぁって思う人がいます。

ママ同士でおしゃべりしていたり
何か忙しいときでも
子どもが何か彼女に伝えにくるとき
必ず
「なぁに?」って
ちゃ~んと向き合って受け止めてあげてる。

別のことに夢中になって
子どものことついうっかりよく見てなかったり
仕事していてつい自分のペースのほうが大事になってたり
そういうことしょっちゅうだから
あ、そうか。こうやって子どもに接するのね。。。って
彼女からインスピレーションをもらったりするんですよ。


確かに
子どもでも
大人と同じようにいろんな感情を持った
リスペクトをもって扱われるべき一人の人なんですよね。
めんどくさいとか思っちゃうとそれって失礼なんですよね。


子どものために、
いいおもちゃを買ってあげよう、とか
体にいいものを作ってあげよう、とか
かわいい服を着せてあげよう、とか
一番の教育を受けさせてあげよう、とか。
親はいろんなことをするものだと思いますが
やっぱり何よりも
「私にとってあなたはとっても大切な存在なのよ」
ってきちんと向き合って
きちんと尊重して接してあげられることができるって

その子が生きて行く上での基盤になるものを形作るもの
とっても重要ことだな、って思います。


(まぁでも基本的な思いは伝わっているはずって思ってますけどね。
そこらへんは自分に厳しくなりすぎずってことで。)

written by Kumi : )
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。