スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんに触れる機会をみつけてみよう!

こんばんは!シマダです。
 
オリオン座が早い時間に南に見える様になってきました。春はそろそろでしょうか。
 
今日は私が産科で働いていて、見かけた光景からお話しようと思います。
ある日、若いママが母児同室を始めました。赤ちゃんがベビーベッドで泣いているのをママが見ていたので、「抱っこしてみたらどうかな?」と話しかけてみました。
ママはちょっと困って言いました。
「どうやって抱っこしたら良いですか?」
 
そうです、彼女は今まで赤ちゃんに触れたことがなかったのです。最初はこちらから声をかけて、何とか赤ちゃんに触れていたママも、一晩過ごして朝が明ける頃には、自分から赤ちゃんを抱っこしたりしていて、抱っこもサマになっていました(^∀^)
 
 
そして、以前から感じていたことを改めて実感しました。
 
それは、赤ちゃんに触れる機会が少なくなったこと。
 
昔は沢山の家族と住んだり、ご近所さんとの付き合いの中で、小さな子と接する機会があったり、それこそ身近から育児を学んできました。でも今は、核家族が増えてきたり、近所付き合いが減って、そういう機会もなくなってきています。
だから、赤ちゃんと関わったことがない人が、増えているんですね。
 
でも、思うんです。産後の自分の体や気持ちも疲れて余裕が少ない時に、「赤ちゃんに触れる」という初めての経験をするよりも、その前に経験済みで、「抱っこもおむつ替えも私余裕よ」って方が気持ち的に楽じゃないかな~と。気持ちって大切で、赤ちゃんがもっともっと可愛く思えてくると思います。
機会が減った分、経験も難しいかとも思いますが(^^;)
 
例えば、友達の赤ちゃんが産まれたら・・・きょうだいの赤ちゃんが産まれたら…
ぜひ、抱っこさせてもらってください。そして、抱っこさせてあげましょう。
 
そして、小さい子や学生の子にも触れさせてあげてください。
赤ちゃんに触れて初めて、暖かさや重たさが解ります。
 
重いんです、とっても。
その経験がいつかママやパパになったときに光輝くと思うんです。
 
 
 
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。