スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違う国に生まれれば良かった?

今日もくみです。

plane


このブログを読んでくださってるみなさんのほとんどは
日本人ですよね?
日本人で良かった~とか
他の国で生まれたかった~とか
思う事ってありますか?


私は帰国子女です
小学校4年生から中学校3年生まで
当時の西ドイツに住んでいました

それまでは
ごく普通~に日本の小学生をしていたように思います
でも引っ越しが決まったときに
「私は枠からはみ出てしまうんだ」
と今思えば寂しいような不思議な気持ちでいたんです

そして
西ドイツのほとんど外国人なんていないんじゃないかというほど
半端ない田舎町に住み移り
ドイツ語の「こんにちは」を覚えることから
ドイツ人に混じっての生活開始

そりゃあもう頑張りました(笑)

なんとか周りのドイツ人と変わりなく生活できるようになろうと
ドイツ人になりきろうと努力しました(ムリムリ)

小学生にとって
今は永遠のように思えるものですから
日本にいずれは帰るのだ、とか
私は日本人なんだからみんなと違って当たり前、
なんていう客観的な視点なんてありません

ここでみんなと(ドイツ人の)同じようにできなきゃ
困る!って思って
(はぁ~自分で書いてるだけでも疲れるわ)

でも中学校3年生の夏
やっぱり帰国が決まったわけです

やったー!!
これでみんなと同じになれる!!!楽になる!

なわけなかったんですね
帰国子女です


そんなわけで
アイデンティティーというものにはずいぶん悩みました

日本にいればいたで
日本人なのに、とか
日本人なんだから、とか
いろんなプレッシャーを感じることもありました

「案外日本人ぽいんだね」
なんて言われることもありました
(え?)



「私は日本に生まれたけど本当は。。。の国に生まれたほうが合ってたんじゃないか。。。」
そう思う人は少なくないでしょう

国籍までいかなくても
「どこにいっても何だかしっくりこない。なじめない。居場所がない。」
そう感じる人は結構いるかもしれないと思います。


アイデンティティーって
必ずしも
みんなが認識しているカテゴリーに分けられるものではないんですよね

他に似ていなくても
周りと同じじゃなくても
そればかりか周りに「よくわかんな~い」「おかしい」って思われても!
悪くはないと思うんです


一人一人みんな違う
違う能力や性格や
それぞれかけがえのない宝物を持って生まれてくる



ちゃんと自分にとってこれが良かった!っていう国、家庭に生まれて育てられて
いるべき場所って絶対ある


一番かっこいい一番輝いてる自分になる素質
を持っているのは自分だけ



written by Kumi
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。