スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セックスレスの現状パート2ー夫婦間は?

こんにちは。
とても寒い仙台から~
くみです。

今週は続けてセックスレスの話題です。

みなさんもきっと耳にしたことがあると思いますが、
日本の夫婦間でのセックスレスは
結構深刻なようです。。。

なんでも、
世界的に見ても
年間に夫婦でセックスをする回数というのが
日本人カップルの平均を他の国と比べるとだいぶ少ないそうな。


セックスレスの悩みをもつ患者を扱うあるメンタルクリニックによる統計によると、
セックスレスの原因は男性に多いらしいです。

なかでも30代男性が多く、子どもがほしいのにと悩む妻が相談にくることが多い。
そして、その原因は性を嫌悪することなんですって。
「あるときから」
「妻とに限って」
性的接触ができなくなっているという。
(妻以外があるっていうことなのかなぁ~??)

性の対象として妻を見られなくなり、
家族としてしか見られなくなることによって
自分の家族に対する感情とダブってしまうのでしょう。


女性の側のセックスレスの原因としては、
やはり出産。
(出産後のみなさんは、あまりそうそう。。。とうなづかないでくださいね!)

産後の女性の身体は、女性ホルモンが少なくなっている状態です。
そして、授乳している女性の身体にはプロラクチンというホルモンが多く分泌されるけれど、
これは母性本能を促すんですね。
だから、産後はセックスしたいという気持ちがわきにくい。

このホルモンの変化に加えてもちろん、
育児のストレスや実際の忙しさ、
体力的な疲れ~~など。
「そんなことより、眠りたい。。。」
というのが本音なことが多いでしょう。


両側の理由を理解しておくと、
お互いに自分にプレッシャーをかけすぎずにいられていいのではないかと思います!
でももちろん、だから仕方ないね、
で終らせてしまうのではなくて。


家庭の最初にあるものは、
ふたりの愛情。親密さ。

それを忘れないように、失くさないように、努力って必要なんだと思います。
努力っていうと辛そうなイメージだけど、
お互いにそういう存在で有り続けることができるようにっていう
チャレンジって
結構楽しめるものなのかも!!?


それが、
結果的にはこれからの若い人たちが
セックス嫌いにならないための対策にもなるのでは?

だって、
セックスを避けようとする雰囲気。
家庭にあったら、
子どもはそれをどこかで身につけてしまうんじゃないかな。

セックスに対して
嫌なもの。
避けたいもの。
めんどうなもの。
って。


私たちの社会において
セックスに関するイメージの改善、変革が必要なのです!!

セックスって。。。

良いものであること。
ステキなものであること。
身体だけのことではないこと。
隠れたいやらしいものではないこと。
いのちを生み出す行為であるということ。

(ちなみに、コンビニに子どもの目線の高さの位置に、アダルト雑誌を置くのも禁止にしてほしいです。。。)



さて。問題です。
この投稿の中で、セックスって何度言ったでしょう。。。!?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。