スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来るって!!

またまた久しぶりになってしまいました。ナオコです!

すっかり寒くなりましたね!空気が澄んでいて秋から冬の朝は大好きです。
夜は星がきれいだし、夏のうだるような暑さを思い出せば今は寒い方がいいなあと思います。
でも、雪かきの大変な時期に青森の実家に帰るとやっぱり夏の方がいいかなあなんて思っちゃいます。

さてさて私は今、週に3日だけ幼稚園でアシスタントとして働いています。
子供達を見ていると、本当に1人1人がユニークに造られていておもしろいなあと思います。
得意なこと、不得意なことも生まれてまだ3年しかたっていない子どもにもそれぞれあります。
DNAや育っている環境に影響を受けて、1人1人違う人間がそこにはいます。

うちの4歳になる長男が私の「不器用さ」のDNAをしっかり受け継いでいる!と実感したのは
長男が3歳くらいの時に児童館へ行った時でした。
長男とほとんど年の変わらない男の子がパズルをあっという間に完成させたんです!
長男はというと3ピースも合わせられないまま飽きていました。

なんということでしょう!!!!

まさに自分を見ているようで笑えましたね~!
でも、まあ私の子どもだししょうがないね~と思いましたが、ちょっと気の毒な申し訳ない気もしました。

月日は流れていってもパズルは苦手な様子。

そして2週間前ある年長さんのお友達から、もう使わなくなったおもちゃを頂いたんですけどその中にパズルもありました。しかも明らかにピースが多いし、難しそう。

長男と一緒にやってみると、はじに置くピースの見分けもつかないようで当然出来ません。
パズルを完成させたことのない私にも大変な作業です。

でも、諦めかけている長男に「出来るって言ったらきっと出来るよ!」と声をかけました。
2日に一回くらいのペースで自分からパズルをやりたいと言って一緒にやりました。
少しずつコツをつかんでいきました。
少しずつ出来る量が増えて、集中できる時間も長くなっていきました。
少しずつ、「出来ないよ~助けてよ~」という泣き言が「出来るって言えば出来るっ!」という言葉に変わって来ました。

そしてなんと今日、1人でパズルを完成させたんです!!!!!

しかもよく見たら「63ピース 上級 5歳から」って書いてあったんです!!


私は小さな頃から「出来ない」と言ってやってこなかった事がたくさんあります。
「出来ない」自分を自分で認めて、それ以上頑張ることはして来ませんでした。

でも、子どもにはたとえ他の子よりも努力が必要な部分でも、向き合って挑戦してみれば
必ず得られるものがあることを覚えて行って欲しいと思いますね!

長男がパズルを完成させたのを見て、引き継がれて来た「不器用さ」のDNAに
勝てたような気分になっちゃいました!
というかむしろ、引き継いできたのは「不器用さ」ではなくて「不器用だと信じてる考え」
だったかもしれません。

わたしも、子どもに言っちゃっているから「出来ない」で何でも片付けないように努力
していきたいと思います☆

(何だかダラダラ長くなってしまいました。次回は明瞭かつ簡潔をめざします!出来るよワタシ!)










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。