スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトックスの続き

こんにちは!
くみです。

なんとなんと気持ちの良い朝でしょう。。。
アルプス地方の人たち?がきれいな風景と気持ちの良い空気に思わずヨーデルを歌い始めたのも
納得がいきます。歌いだしたくなるよね~♪♪♪


先週に私が紹介した本
Who switched off my brain? by Caroline Leaf
から今日も少し。

私たちの生活の思考の中で毒を溜めうる分野は12あると Dr.Leafは言っています。

思考
感情
ことば
選択


信じること

タッチ
生真面目さ
健康
スケジュール

その中でも
ことばというのはとても大きな力を持っているようです。

そもそも
私たちの口からことばが出る
っていうことは。。。

つい、口から出てしまった。。。
ってことは実はないんですよね。

収集した情報が自分の脳の中で処理され
感情につながり
その情報が自分の中に組み込まれて行き
それがことばやアイデアを作っていき
やがて口から出る訳です。

ということは、
口に出してしまったことは
すでに何度も脳の中でリハーサルされたアイデアなわけです。

「あの人に思いっきり。。。って言ってやろう!!」
と企んで
「言ったらどんなりスッキリするだろう!」
と思っていても

実際にことばに出すときに
傷つくのは他でもない自分なのです。
その相手よりも。

そのことばを自分の頭の中で形成し
思いめぐらし
口に出すことによって
その毒性のある思いがさらに力を増すのです。

そして、からだはそれに対して
ストレスによって応答します。

ストレスによって脳の中に流れ込む物質は
たった30秒以上続くことでもすでに
思考、知性、からだ、他の全ての部分に
良くない作用を与えるのだそうです。

経験したことは事実かもしれないけど
自分がそれに対して決定する思いや
口に出すことばのチョイスに

死ではなくいのち!
を流すものを選んでいくときに

経験や状況に動かされない生き方を
していくことが可能だということです。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。