スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去のキズから学んだ事…

こんばんは。
ゆみです。

今日は、私の子供の頃のハナシをしたいと思います。

私は、4人兄弟の2番目です。
上から、女、女、男、男で全員、学年は2つ違い。
よくもここまでバランス良く…って、感じですが…
今でこそ、なんとかバランスがとれてきたものの、
子供の頃はひどかったなぁ…

実際、両親はそこまで考えていなかったらしいけど、
姉は初めての子で、周りにさんざん甘やかされて育てられました。
そのあと、私が生まれて、1年2ヶ月後には弟が生まれました。
自営業な事もあって、待望の長男誕生に周りはうかれまくり、
その2年2ヶ月後に次男が生まれても相変わらず、ウチでは
長男長女中心の生活が続いていきました。

次男は、かろうじて男だったためそこまで差はなかったと、
私は思っていたけど、大人になってからたまに、2人で
昔は不平等だったねって、ハナシになります。

普段は、私にTVのチャンネル決定権がないとか、
外食先の希望が通らないとか、ちっちゃな事なんだけど…
誕生日とか、買ってもらう物の金額が明らかに違ったりして、
子供ながらに結構傷ついたりしてました…

今でも、よく弟とそのハナシになるくらい
あからさまだったんですよ!!

子供のころ、親に怒られた時、冗談で、
「本当は、ゆみはウチの子じゃない。
 秋山川(実家の裏を流れている川です)の橋の下で
 拾ってきたんだ」
とか、同じ顔した母親に言われたけど、本気でそうであってほしい
と思ってました。
でも、
「実は…」
って、現れてくれる人はもちろんいなくて、
どっからどう見ても親子だし…
うちの両親、今でも気持ち悪いくらい仲いいから、
実は父親が違う!って事もなく…(ドラマの見過ぎ?)

よく私たちグレなかったねって、たまに弟と話すけど…
本当に、ここでは語り尽くせない程、いろいろありました
(でも、話したいからまた後日

でも、そのおかげで私と弟は、
子供に対して、常に平等でいたいと考えるし、
子供だって、いろいろ考えているって事も分かる…と、思ってる。

だって子供の時、いつも思っていたのは、
大人は、ぜんぜん分かってない!私は、こんな大人にはならない!
って事だったから。

なんて、悲しい子供時代…
って、私を昔から知っている人は誰も思わないだろうけど…残念ながら

でも、子供の時のキズって、
どこかで¨あ~だから¨って、なる事あるんですよね。

私も、異常な自己主張とか、反抗期とか
いろいろありました…

確かに、大人になって、親になって、
大人や親の気持ちが分かるようになったけど、
子供の時の気持ちも忘れないでいるべきですよね

忘れずに持ち続ける事で、癒されるキズもある。

うまく言えないけど、そんな感じ!?

YUMI




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。