スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地の大切なひとりひとりに

こんにちは!
久々にブログ書いてます~
くみです。
勝手に飛び入りしてしまいました。

ラジオでもおしゃべりしてましたが
私は仙台に住んでいます。

そう、3月11日の大地震のときも
もちろん仙台にいました。
ちょうど、ジャパンアライヴのフリーペーパーを届けようと
「仙台科学館」
の正面入り口の前のスロープを車でおりていこうとしていました。

と、そんなおしゃべりを始めるとまたまた長くなってしまうので、
今日はそこから1ヶ月早送りして。。。


この状況の中で、何ができるのだろう。。。
と自分自身も3歳と1歳(に先週なりました!)の子どもたちを抱えて。。。
考えていました。

judes cake
(歩子さんが作ってくれたダイパーケーキ。息子の1歳の誕生日に!)

自分も自宅に戻ることができないことで、
子どもたちに対して申し訳ない気持ちでいました。
(マンションなのですが、地盤が弱いためひび割れがひどいのです。
建物には黄色い警告が貼ってあります。)
それなのに、
津波で大切な人たち、
大切な物を失ってしまった方々、
避難所で子どもたちを抱えているお母さんたちは、
どんなに辛いだろう。。。

そう考えて心が本当に痛みました。

rikuzentakata.jpg
(陸前高田のあるマンション。4階まで水が入ったようです。ここにはどんな家族が住んでいたんだろう。)

そんなとき、
あるお友達からフェイスブックを通じてメッセージをもらったのです。
そのお友達、歩子さんには私の息子と誕生日が1日違い!の女の子がいます。

この震災にあったファミリーやお母さんたちや子どもたちのために、何かしたい!
「そうだ!
私たちも同じ小さい子どもを持つ母として
何かお母さんたち子どもたちに笑顔を与えられるプレゼントができたら!」
そう話が発展しました。

お水やお米やパンパースや、基本的な物資ももちろん必要。
でも、それらに加えて、
被災地のママたちや子どもたちを応援してるよ!
って心が伝わる、愛情のこもった、必要なものプラス何かを贈りたい。

歩子さんは、さっそく全国のお友達に連絡をとってくれました。
そして、
あっという間に大きな段ボール箱一箱分のプレゼントたちが、
私たちの仮住まいに届きました。

presents1.jpg
(一つ一つが丁寧にラッピングされていました。)

presents2.jpg
(一つ一つに番号がつけられていて、全ての内容が紙にリストアップされて、
どんな物があるのかすぐ見分けられるように配慮してありました。)

presents3.jpg

いつまで続くかわからない不安な大変な状況の中にあって、
やっぱり愛情ほど人の心を励ますもの、動かすものは、ないのです。

愛する人たち、思い出のつまった場所や物を失った痛みははかりしれないと思います。
でも、それには、やっぱり愛情しか希望を与えるものはないのです。

歩子さん、お友達のみなさん、
本当にありがとうございます。
そのあったかい心が何よりも嬉しいです。
出会う人たちにお届けします。
もうすでに手渡した方々は、
どうやってこのプレゼントが届けられたかを話すと
感動していました。

これからの世代を育てて行くものとして、お互いに頑張っていきましょう!

book.jpg
(こんな絵本がいいかな~?)

gorilla.jpg
(私と主人は、今回この震災支援のためにIris Reliefというクリスチャンの緊急支援団体をホストしています。
この団体は、もともとIris Ministriesという団体のブランチなのですが、主にモザンビークでたくさんの孤児たちの面倒をみていたりするのです。この2週間は彼らと一緒に被災地をまわってきました。写真は子どもと一緒に遊ぶために連れて行った?ゴリラ~)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。