スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝すること

おはようございます ナオコです\(^o^)/

今日はわたしの7年前に亡くなった祖母の話しをしたいと思います。

おばあさんとはずっと一緒に住んでいました。
私たち兄弟にとっておばあさんは「イジワルばあさん」そのものの
イメージでした。いつも怒鳴られたり...(>_<)

でも、そんなおばあさんも80歳近くになった頃からだいぶ丸くなって穏やかになりました。
そしていつも「ほんとに感謝だ~」と言っていました。
感謝だ~と言っている時のおばあさんの顔は見たこともないような優しい表情をしていました。

おばあさんの昔話を小さな頃は聞いたこともなかったけど大きくなって興味を持って聞いてみました。

今みたいにチチバンドなんて便利なものなくて大変だった。(チチバンドとは、ブラジャーのこと。あ、いらない情報でしたね(苦笑))
戦争の時は怖かった。
最初にガイジン見た時は食べられるかと思った。(オイオイ(^_^;))
結婚式当日におじいさんと初めて会った。かっこいいと思った。
おじいさんの酒好きには困った。
子供達にとにかくなにか食べさせたい食べさせたいと思って必死に働いた。
臨月まで働いて山で転んでしまって長男は死産してしまった。
遠くに働きに出した次女が腎臓病で20歳で死んでしまった。

おばあさんの昔話には笑えるようなことがほとんどありませんでした。
身も心も削れる様な思いで、必死になってきたことが
私たちへの厳しい態度なっていたのかもしれないと今なら思えます。
世の中は甘くないということが言いたかったのかな?

でも、全ての厳しかった状況を一つづつ乗り越えて、恨みつらみを持ち続けずに、生かされていることそのものを『感謝』できたおばあさんはすごいと思います。感謝を口に出すようになってからのおばあさんは以前とは違っていたし、残りの人生を笑って、好きなことをして過ごせたと思います。

私も全てのことがつながって、積み重なっていって自分をつくっていくことを忘れずに
感謝することを選びとっていきたいとおもいます!!

Written by naoko






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。