スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「進路」一歩一歩がつながって・・・

ちょっと前に「天職」って話をした。
デスティニー。
そこで、デスティニーは一つかもしれないけど、
キャリアはmanyだって言ってたよね。
それで、必ずしも仕事、キャリアが
自分のアイデンティティーを決めるわけじゃない
って話をした。


私(kumi)はそこにどういうコネクションがあって、
どういうふうに次につながっていくのかなっ
ていうことは常に頭にあるかもしれない。

イギリスで看護学校卒業してから
STDのクリニックで働いたときは、
それはそもそも学生の頃に実習で行った
エイズクリニックでこの分野で働きたいっ
て思ったのがきっかけだった。

それで、自分の中ではその資格と経験を
持ってれば、世界中どこに行っても
アフリカとかでも働けるって思ってた。

だから、最初はクリニックで
それとはかけ離れた仕事をしているときも
頑張れたかな。でも、結局はそのときに
追い求めていたものを今は生きているわけ
ではないけど、すごく貴重な経験には間違いない。


日本に帰国してからは、自分の専門ってわけじゃない
仕事をやってることのほうが多かった。
でも、やっぱり全部何かにつながっているんだ
っていう気持ちはある。


次の選択が究極の目的地になるんだって考えるより、
何かの材料になるものって考えたほうがいいと思う。
そういう希望を持って今の時期も場所も大切にしていく。


私は本当はこういうことをするべきなんだけど、
今のはそれと全然違うから適当でいいか。。。
これは本当の私じゃないよ、みたいな生き方してること
って結構あると思うんだけど、
それだとますますどこに進むべきかわからなくなる。。。


人生って卒業しないなら、留年なんだよ。
だから頑張って卒業した方がいいんだよね。

アップルコンピューターのCEOの
スティーヴジョブズが
「一つ一つ選んでいった点と点は
いつかつながって線になるんだ、
って信じ続けなきゃいけない」
っていってた。
一つ一つの経験がバラバラで関係が無い様に見えても、
それが自分がやるべき事のための
最高のコンビネーションなんだ、って信じる
ってことだよね。

本当に良い事いうなあ、と感激した。
っていうか、iphoneやipadを世に送り出してる
人の言葉だから当然説得力あるよね。。。

続きはラジオでお聴きください!

ナビゲーターは、ナースくみ
(看護師であり、イギリスでヘルスアドバイザーとして
HIVカウンセリングなどを行なってきた経験を持っています)と、
AYA
(アフリカで学校に行けない子どもたちに、教育、保健衛生、
職業訓練や、母親への識字教育などをしていました)
がお送りします!


posted by maco


japan aliveのブログの記事をEmailで受け取りたい方は
以下のフォームにご自分のメールアドレスを入れてください

(更新されるとEmailでお届けします)

メールアドレスを入力してください:

配信: FeedBurner

クリックよろしく!
にほんブログ村 恋愛ブログ 避妊・中絶へ
にほんブログ村
募金サイト イーココロ!
関連記事

テーマ : 生きる力
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。