スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命をつなぐ道探す

東京新聞 1月17日(栃木版)
にジャパンアライヴの取材記事
(ローレンス綾子)が掲載されました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の主人公ローレンス綾子さん(40)は
どこにでもいそうな普通の女性に見えるが、
やっていることがすごい。
小山高専電子制御工学科を一九九一年に卒業後、
米オレゴン州立大社会学部で社会学と国際学を学ぶ。
恩師の影響で発展途上国の社会発展事業に関心を持ち
九六年から六年間、日本国際飢餓対策機構の
モザンビーク派遣要員として単独で現地に滞在。
困窮している子どもたちへの教育面や生活面の
支援を通し、子どもたちの悲しさや夢、
人間の能力の偉大さなどを学んできた。

英国人男性と結婚し、二女のお母さんでもある
ローレンスさんは現在、本県を拠点とする
NPO「ジャパンアライヴ」の中心メンバーとして活躍。
「生」と「性」に関して講演会やラジオなどを通じ、
自身の経験を交えて若者を対象に啓発活動を展開する傍ら、
予期せぬ妊娠に直面して悩んでいる人たちの
相談窓口を開設している。


japanalive_news

また、「特別養子縁組」というデリケートな事業にも関わり、
産むことを選んだが事情があって赤ちゃんを
家に連れて帰れない母親と、どうしても赤ちゃんが
欲しい不妊の夫婦をつなぐ手伝いにも関わっている。


実親と離縁する特別養子縁組は、養父母との関係のみが戸籍に
記載されることから「戸籍を重要視する日本では、このやり方を
求める人が増加していくと思います」とローレンスさん。
一般的な養子縁組は戸籍にその旨が記載されるため、
子どもの将来を考えて慎重になる夫婦もたくさんいるようだ。

ローレンスさんは
「「他に手があるなら本当は中絶したくない
と思う人はたくさんいる。
このような形で命をつなぐ方法がある

ことを多くの人に知ってほしい。
命を託した生みの親も、そこからの人生を肯定的に
進み続けることができると思うのです」と語る。


難しい事業だが、社会的必要性が高まってきていることも事実。
産む人と育てる人をつなぐ道を探ろうと、ローレンスさんは
命の大切さと神秘さを訴え続けている。
 
   ◇
同NPOへの問い合わせはホームページ(「ジャパンアライヴ」で検索)へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事は、パン・アキモトという会社の
社長さん(秋元義彦さん)
が掲載してくださった記事です。
この方については、また後ほどこのブログで取り上げたいと思います。。。

maco

japan aliveのブログの記事をEmailで受け取りたい方は
以下のフォームにご自分のメールアドレスを入れてください

(更新されるとEmailでお届けします)

メールアドレスを入力してください:

配信: FeedBurner


クリックよろしく!
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 恋愛ブログ 避妊・中絶へ募金サイト イーココロ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。