スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望まれて生まれて来た

私が生まれた時、2800gの女の子だった。
「男の子」が生まれると期待していた父は、ショックのあまりそのまま病院[:病院:]から家に帰ってしまったらしい(。-д-。)

私が3歳の頃、子どものいない叔父夫婦の家に養子に出すという話があった。

父は私の顔をじっと見て、
「おまえも叔父夫婦を気に入っているみたいだし、あの家の子どもになるか?」

私は「ああ、やっぱり私は望まれていないんだ。。。」と考えるようになってしまった[:悲しい:]


[:汗:]  [:汗:]  [:汗:]  [:汗:] 

それからしばらくして、イトコが自分で書いたマンガを読んだ。

1人の人が間違ってこの世界に来てしまい、周りの人々の人生の歯車が少しずつ狂ってしまうという話だった。
私はこのマンガのストーリーを、現実に自分の周りに起こっているものだと理解してしまった[:くもり:]

学校でイジメられても、何か不幸なことがあっても、それは自分がこの世に存在しているせいだ、自分さえいなくなれば・・・
悪いのは自分なんだって思った。

私が今、ここにいるのは、きっと何処かで何かがまちがっちゃったせいなんだと思っていた・・・[:赤ちゃん:]


別に自己憐憫に浸りたいわけぢゃない
不幸な人はいくらでもいる・・・[:あめ:]

でも、幸せに育った人でも、自分に対する間違ったイメージを抱いてしまうこともある
不幸に育った人でも、自分の可能性を信じて、人生を楽しく生きているひともいる


自分を否定してしまうか、嘘を信じてしまうか???

それとも・・・・?




[:嬉しい:] [:女:] 

この世に生まれて来たのは、ただの偶然なんかぢゃない。

特別に、

愛されるために、

望まれて、

この世に生まれて来たんだよ
[:ラブ:]


私のように嘘を信じてしまって、真実を、心の奥底から理解することには、時間がかかってしまうかも知れない。

でも、あきらめないでね [:ニコニコ:]

私は、これが真実だと信じている☆

あなたも、真実に耳を傾けてみて・・・


[:down:]   [:down:]   [:down:]

「あなたはこの世に一人しかいない」

「生まれる前から、あなたには特別な計画があったんだよ」

「誰も真似することも出来ない、あなたにしかない、すばらしい人生が待っているよ」

「すごく大切な存在だよ。あなたは必要とされている。」

「あなたは、望まれて生まれて来たんだ!」


[:星:]   [:星:]   [:星:]
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。