スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかがセックス、されどセックス

初めまして。アヤです[:女:]
紹介のブログに「アフリカに住んでました」とありましたが、
そうなんですよ、結局5年近くも居てしまいました[:植物:]

といっても今日のトピックは全然違う話


今日のトピックは「たかがセックス、されどセックス」
[:抱擁:]

結構最近、っていうか前からそうかもしれないけど、
付き合ったり、飲み会とかで、何か盛り上がっちゃったりして、
そんな雰囲気があったりして、とかってそういうこともあるでしょ。
その人が大好きで、もっともっと近くなりたいからそうなったりとか、
そんな予定は全然なかったんだけど、
なぜかお互い「助け合って」そういう雰囲気を作りあげてしまい、
今さらシラけさせるわけにもいかなくなったとかね。


それなのに、
まさか後になってこんなに影響を残すとは…[:汗:]
とつくづく後になって思う人たちも多いんじゃない?


付き合えば、結局その人のいろんなコトが自分の一部みたいになってて、
別れてもう関係ないと思っても、
後になって、その影に案外悩まされたりして、
「大きかったんだな~」としみじみ・・・ってことナイ[:おや?:]

これがちょっと「援交してみた」とか
「お小遣いのために一肌脱ぎました」みたいなことになるともっとつらい。その瞬間よりも、その後になって、なぜか超えられない、
なぜか片付けられない、
永遠の自分の中のシークレットとして
切り取れない何かを抱え込んでしまったことに驚いている人、
って案外多いと思う


私はたま~にだけど、
カウンセリングっぽいことをやることもある

その時に、問題の根っことしてよく出てくるのが

「性的虐待」
[:モゴモゴ:]

長期に亘るイジメとか、そういうのも深い傷をもちろん残すんだけど、
性の領域を侵害されると、
これは
本当にすごい傷をつくっちゃう[:冷や汗:]
しかも「虐待」といっても、なんていうの、実際になぐられるとか
そういうのとは違うじゃない?
ある意味、長引けば共犯っぽくなっちゃうような

でも、こういう記憶って
本当に
人の感情を殺しちゃうんだよどこかで[:撃沈:]
それで、すぐに
自分を責めてみたり
自信が持てなかったり
ひどいことされても、
全部甘んじて受けちゃったり
あげくに結局は自分のせいだと思ったり。
どこかで「人生を楽しんじゃいけないと思っている。

自分には良いものを受ける価値がないから、っていう思いがどこかにあるんだと思うんだけど[:くもり:]

「あ~、これって自分かも?!」 と思ったところでどうすればいいのか?コレをやってみよう!


と思ったらあ~っ!!! ブログ容量オーバー!![:てれちゃう:] 
ということでよかったら明日
も、もう一回のぞいてみてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。