スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

local coopration

 岩手県北上市北東部の中山間地の自治会が独自の少子化対策に取り組み、話題を呼んでいる。転入者や結婚、出産した世帯に祝い金を贈り、定住を促そうとの狙いだ。県や市町村による祝い金制度はあるが、自治会が単独で取り組むのは珍しい。自治会は「地域の結束を強め、人口減を食い止めたい」と祝い金効果に期待を寄せている。

                       (11日の河北新報より)

ども。macです。[:ハンバーガー:]

こんな記事を読んでて思いました。

日本の少子化ってやっぱ個人では難しい問題だと思う。

でもこうやって、地域が協力していけば、すごくいい国になるし、

いい地域を作り出していけるって…。

すばらしい自治会やね!!


ここに移り住んできた家族も、祝い金を受け取り、

;">「この街に受け入れられていると感じて、すごくうれしい」

とコメントを残していたから、効果は大って事やね!![:イケテル:]




よく、「住みやすい街にします!!」とか、

「市民のみなさまの役に立ちます!」とか、選挙で聞くけど、本当に実行に

移している議員はすくないんじゃないか!?


何かを改善する事=何かを犠牲にする事や何かを我慢したりする事

そういう事なんやろうなぁ…って。。

少しの時間だったり、少しのお金だったり、少しの忍耐だったり。


その「少し」が大きく成長していって

人に大きな影響を与えるんやないかな?


少子化について具体的に援助金を出す自治体は全国初らしい!!

安心して子育てできる街って以外と少ないんやな~。


もっとそんな街が出来て欲しいと、そんなふうに思った。


                          今日はこの辺で…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。