スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本当」の人なら・・・

ジャパンアライヴに一人の妊婦さんが連絡してきた。

彼は彼。子供は子供。彼がなんと言おうと「母」として、この子を守らなきゃいけない、と彼女は思った。[:植物:]

22週目が過ぎるまで、彼女はこれからの不安でいっぱいだった[:ポロリ:]彼女は中絶が不可能になる22週まで冷却期間を取ることにした。「今は何を話しても伝えたいことが伝わらない。自分も彼も混乱していて、まともに考えられない」、そう思ったからだ。中絶のオプションがなくなった時点で、もう一度話し合うことにして、彼との連絡を一旦休止した[:時計:]

今、彼らはもう一度よりを戻し、信頼の回復のための一歩を踏み出し始めてる [:ホットコーヒー:]

これからお互いの間に安心材料が増えて、出産に向けて安定した関係を築き続けてほしいな、と願っている[:赤ちゃん:]

彼が期待通りに動かなかったり、コトが思うように進まない時ってある。

そんな時どうするのか?やたらメールを送ったり、電話してしまったり。そんな時に限って相手は電話に出ないんだよね。そうすると余計に苛立ち落ち込みはじめる。そこにはまると、もう自分にブレーキなんてかけられなくなって、どんどん惨めな醜い自分になっていく…。


「本物の相手じゃなかったらいらない。本物の愛ならきっと戻ってくる。」


そう信じて、愛の首根っこを手放してみよう。そうしたら、自分も相手もずっと大人になって、素敵な恋愛をしていくことができるはず [:プレゼント:]

posted by Aya
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。