スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもを性的虐待から守るため

なくそう!子どもポルノ
子どもを性的虐待から守るため
http://www.unicef.or.jp/special/0705/index.html

犯罪は目から・・・?

児童ポルノを見ることと
子どもへの性的虐待 
とは大きく関係しています


子どもについて性的な空想にふける

実際に子どもを虐待する
傾向が強まってしまう


例えば
ダイエットしている人の目の前で
チョコレートを置いて置けば、
『見るだけ』ぢゃなくて
実際に手を伸ばしてしまうだろう
(ちょっと例が軽くてごめんなさい・・・)


実際に2007年の米政府調査によると、
児童ポルノに絡み有罪となった被告の85%以上が、
子供への性的虐待を認めているそうだ

被害者の子どもは、
外傷や性感染症にさらされるだけでなく、
鬱や引きこもり、怒り、その他の精神障害
も経験する。

こうした症状は通常、成人後も続く。

性的虐待を受けたことに加え、
消えない記憶が残ることで、
画像に現れる子どもの人生
永久に変えられてしまう。

一度インターネットに掲載された画像は
回収不可能で、
広がり続ける

画像を見られるたび、
子どもは何度も被害に遭う。

ユニセフのホームページから引用・付け足しhttp://www.unicef.or.jp/special/0705/cyberporn03.html

日本の規制が進むことを願っています


posted by maco
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。