スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「NO」と言えない・・・言うことはワガママ???

NO![:バッド:]と言うこと
は、わがままを通すことではなくて
正しく自分を守るために必要なことです。

よく「NO」と言えない日本人・・・[:NO!:]
なんて言いますけど

これは寛大なのか
それともお人よしなのか・・・?

「NO」がいえないということは
その背景には「恐れ」[:汗:]あるのかも知れません




「NO」と言ったら・・・



・・・嫌われちゃうかも知れない
・・・別れようって言われちゃうかもしれない
・・・自分勝手かなぁ。自分さえ我慢すれば
・・・相手を傷つけちゃうかもしれない
・・・あ、○○さん、怒ってるかも・・・?
・・・悲しませてしまうかも・・・?何だか悪いことしたなぁ

(NOということで、何だか自分が悪いことをした気分で
すまない気分でいっぱいになっちゃうとか)[:ノーノー:]

でも、悪いことに対して「NO」といえないと
自分の心を守ることができません

また、なあなあに相手に合わせていると
すごく疲れたり、引きこもりたくなったり
怒り[:怒り:]を蓄積させてしまうかもしれません

もしかすると育った環境が
批判的な親に「NO」を言った時
見捨てられるような気分になった[:悲しい:]とか
えらい剣幕で怒られた[:ショック:]とか
罰せられたとか
すごく悲しませてしまった[:冷や汗:]とか

「従順さ」を求められ、「NO」といった時に
叱られた、叩かれた、
みんなの前で恥をかかされたとか[:しょんぼり:]


そんなことを繰り返し、
もう、「NO」ということを
あきらめてしまった
のかも知れませんね

もちろん、わがままに何が何でも
「NO」ということが正しいことではありませんが・・・

「YES」[:YES!:]も「NO」[:NO!:]も、
強いられて選択するものでも
恐れから動かされることではありません[:ワッ!:]

心から
「YES」[:YES!:]も「NO」[:NO!:]もいえる
善悪の判断が出来、正しく決断できる
自分の心に嘘をつかない
生き方をしていきたいものです


posted by maco
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。