スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ/HIV 母子感染

イギリスで
ヘルスアドバイザーもしていた
ナースくみ



実際に、エイズ/HIVに
感染している妊婦さん達と出会い・・・
[:ポロリ:]


kumi3・・・今でも、
妊婦検診のHIV検査で感染がわかった女性や、
子どもを育てながら薬を飲んでいる女性たちや
その子どもたちはどうしているのかなぁ
と考えることがあります。

そのクリニックでは、
毎週1度、医師と看護師、カウンセラー、
ソーシャルワーカー、などの専門家たちで
患者さんの治療とケアについて会議をするんですね。
・・・

その中で、
何人もの感染している妊婦さんとそのお産について、
何度か長いこと話しあったことを覚えています。
感染の可能性は何パーセントくらいか、
とかウイルス量はどのくらいか、とか。

その頃の私は、恥ずかしいんですが、
「どうしてそこまでして産もうとするのかな」
って思ったこともあったんです。

感染してしまったらどのくらい生きられるの?
とか、そのほうがかわいそうなんじゃないか、
母親が産みたいからってそれがベストなのか、
とか。


ちょっと考えてみてほしいんですが、
こういうケースの場合、
みなさんだったらどうしますか?

国内のニュースだったのですが、
産婦人科の妊婦検診で
HIVに感染していることを知った
女性の新聞記事を読みました。


彼女は、おなかの子の父親とは既に別れていて、
シングルマザーになるつもりだったそうです。
どうしても産みたいと願って
一生懸命に情報を集めたりして
産んで育てる可能性を探ったそうです。


周りには、産む事に賛成しない声もあったそうです。

この女性は、
役所の窓口である申請をしていたときに
「子どもを産んで良いと思ってるの!」
という言葉を投げつけられたこともあったそうです。


みなさんだったら、どう思いますか?

[:down:] [:down:] [:down:]
続きは、こちら!
ナースくみの保健室
[:YES!:]


posted by maco

クリックよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。