スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛って?性って???

エイズ文化フォーラムで
講演をされていた

(ジャパン・アライヴの展示の様子)


夜回り先生こと水谷修先生

盛り場の夜回りと
電話・メールの相談を受けている方です

先生のところに
過去に中絶をした経験から「死にたい」
というメールが
たくさん来るそうです[:メールブルー:]

著書の『あした笑顔になあれ』の中でこう語っています



[:本:]いま、子どもたちの間では、性というのは
愛を確認する一つの方法のように思われています。

だから、多くの男の子たちが「俺のこと好き」
と聞いて、相手の女の子が「好きよ」と答えたら、
「じゃあ、抱いていい」となります。

「結婚するまで待ってよ」と答えたら、
「俺のこと愛してないんだろう」となる。

「違う、私のことを愛しているなら、待って」
と女の子がいえなきゃならないのです。
それを「そうだね」といえる男の子が
いなくなってきています。

・・・

という漢字・・・
りっしんべんとは心が立つ、愛がある・・・
横に生きると書きます。・・・
生まれてくる命を育めるようになって
はじめてその子を産む。
いわゆる性ができるのだと
私は考えています


・・・性というものは命をつくる行為であり、
非常に厳粛で重要な使命をもっている
という原点に立ち返っていただき、
単なる愛の確認だけではないという
性の重さを語るべきです


(水谷修『あした笑顔になあれ』
日本評論社 p138-143部分的に抜粋)


posted by maco

クリックよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。