スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wait till the Christmas

いよいよ[:ツリー:]クリスマス[:ツリー:]もクライマックス。みなさんもクリスマス楽しんでるでしょうか[:ポッ:][:!?:]


実はわたくしローレンス家は2−3日前に新居に引っ越しまして。今年からはかなり暖かい冬を過ごせそうです[:ニコニコ:]



仙台の街も「仙台光のページェント」なるものがあり、とってもきれいなのですが、なんと先週は分電盤からの出火でぼや騒ぎ[:冷や汗:]がありました。そんなんで一時消灯されていたイルミネーションも20日から再点灯し、街はさらに活気づいています[:結晶:]車の渋滞が半端ないけど。。。。



「wait till the Christmas クリスマスまで待つ」

クリスマスの[:プレゼント:]プレゼント[:プレゼント:]は、その「プレゼントオープン!」の瞬間まで待って開けると、やっぱりスペシャルですよね?クリスマス前に開けた包みをもう一度ラッピングし直して、またクリスマスに開けるわけにはいかないし、第一そうしたところでスペシャルさはもうなくなってます[:ノーノー:]



多くの人と経験をするより、一人の大切な人だけに捧げる。



クリスマスまでラッピングは開かずにとっておく。



そしたら、その関係も瞬間もまた、まったく違った意味をもつはず。


私達は、実はいろんな人と付き合いたいわけじゃないんですよね、きっと。


多くの人と付き合うということは、それだけの別れがあるわけだから。



そうじゃなくて、この人こそずっと一緒にいられるんじゃないか。この人だったら信じられるんじゃないか、って、そう期待して、夢見て関係に入るんじゃないでしょうか?



クリスマス(結婚式)までルールを作って開けない。そんな風に結婚生活を始めたら、それをやり遂げたなら。。。。



そこで勝ち得たものは「信頼」なんじゃないかな。



帰りが遅くなっても「浮気してるんじゃないか」って心配しなくてもいい。ここまで大切にしてくれて、しかも約束を守り抜いた人だから。



そんな生き方ってださくないよ。じつはすごくカッコいい生き方で、女の子からみたらそれこそカッコいいと思う[:!:]

「[:リース:]wait till the Christmas[:リース:]」

そんな生き方もあるんだよね。そしてpossibleだと思います[:YES!:]

written by Aya
posted by Naoko

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。