スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中絶に関して知っておきたいこと

今日は予期せぬ妊娠
というところから、
人工妊娠中絶という
少し重いトピックを
ピックアップしてみました

ラジオで気軽におしゃべり~的なテーマ
ではないのかもしれないけれど、
知ってほしいこと、考えていきたいことを
あえて声にしていくのが、
ジャパンアライヴの番組なので、
どうぞ皆さんもこの数分間、このことについて
改めて一緒に考えてくださったらと思います




全く予期していなかった妊娠でも、
まず妊娠がわかったとき
「最初は嬉しかった」[:ポッ:]
という女性は実は多い。

でも具体的に現実を考えていくうちに、
そんな簡単なことじゃない[:ノーノー:]
ってことを実感し始めて悩んでいく、
ということがよくある。


彼が当然喜んでくれるもの![:抱擁:]
と思っていたのに、
そういうことをきっかけに
二人の関係のもろさが露呈したり、
ってこともある。

親をどうしても
説得させることができなかったり。。。[:ポロリ:]
自分の周りの人間関係にも
大きな影響がでる。


ジャパンアライヴでは、
予期せぬ妊娠に直面して悩んでいる人や、
中絶の記憶に苦しむ方々から
メール[:メールピンク:]をいただくんですが、

メールや電話のやり取りをしていて、
「あと1週間待ったらいいのに[:!:]」
と思うことがよくある。



まだ気持ちは全然固まっていないんだけど、
親や彼に無理やり手術の予約されて、
もう予約を取ってしまったから仕方がない、
とあきらめてしまう場合がある[:ムニョムニョ:]


でも、
肝心のママである
本人の心が全く定まらないままに、
手術台に上がってしまって、
そのあと人生を前向きに生きていくのは、
すごく難しくなる。


もちろん、考えたからと言って
「納得のいく答え」をだす、
というわけにはいかないと思う。

それでも、
「自分で考えて、
出した結論はこれです」

と言えないと、

そのあと苦しかったり、悲しかったり、
罪悪感にさいなまれたりする時に、
自分にどう説明してよいかわからなくなる[:汗:]

それで、中絶のあとに、
自分を受け入れられなくなる
ということが起きてしまう・・・
[:モゴモゴ:]



いずれにしても、
中絶って本当に大変なこと。

誰にも言えない大きな秘密と
感情を人生にしまいこんで、
何もなかったかのように
生きていかなきゃいけないのは、

本当につらいこと。

このような苦しみを通る人が、
またそれによって失われる命が、
一人でも減ることを願っています。



明日は、中絶を経験した方の相談メール、
失われた赤ちゃんに書いたメールなど
(プライバシー保護のため、一部を変更して)
を紹介したいと思います


続き・トークはラジオでお聴きください



ラジオ番組を聴く



ナビゲーターは
ナースくみ
(看護師であり、イギリスで
ヘルスアドバイザーとして
HIVカウンセリングなどを
行なってきた経験を持っています)

と、

AYA

(アフリカで学校に行けない子どもたちに、
教育、保健衛生、職業訓練や、
母親への識字教育などをしていました)


がお送りします!



過去のラジオ番組も合せて聴けます


ジャパンアライヴでは
予期せぬ妊娠に直面している方々の
相談窓口を設けています

よかったら是非
連絡してみてくださいね


info@japanalive.org(@を半角にしてね☆)


あなたを必要としている人がいる
あなたは、はかり知れない価値がある
あなたは、
すばらしい未来を切り開くことができる


posted by maco


クリックよろしく!
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 避妊・中絶へにほんブログ村

募金サイト イーココロ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。