スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と比べること

今日もラジオから~

ナースくみ(K)とあや(A)がお送りします!

音声はラジオで~

ラジオ番組を聴く




(音声が聴けない方のために
 ラジオから抜粋しました・・・)



K:先週は「自分らしさ」について話してたんです。
それで、自分の中に自分が一番幸せで
成功できるエッセンスは秘められている。
人と比べて何がないか、
人に評価してもらえないから何もない、
ではなくて、
そういう基準ではかってはわからない
自分の価値があるということが鍵だ、
というようなおしゃべりをしていました。

A:そこで、今日はこの「人と比べる」っていうことについて少し考えていきたいと思います。

K:私自身も過去の経験から
「人と比べること」がどんなにばかげたことで、
それだけじゃない、罠になるかっていうことを
痛感しているんですが...

じゃあ、まず、人と比べるっていうのは
よくないことなの?って思う人も
いるんじゃないかと思います。

A:でも確かに「モテ子」とか「モテ男」とかっ
ていう言葉本当によく聞くよね~。
これは最近の傾向じゃない?「愛され系」とかね。
でもこのメッセージは、モテたり愛されたりする尺度が
すごく限られてて、逆に「こういじゃないとモテない」
「あなたがこれ系でなければもう×」みたいにも受け取れる。
そういう意味で、人の良さを図る尺度が
ますます狭めれている気がする。

K:こういう情報の中で生活していくわけだから
、もともと自分が価値のあるものだ、
良いものを持っている、って思えていないと
自分がつぶされてしまう。
自分を嫌い、自分に自信がない、という多くの人は、
人と比べて自分はどうか?
と判断しているからじゃないか?

A: 逆に自分に自信があったら、
そのままの自分を受け入れているなら、
きっとそんなにいつも比べないよね。

K:人と比べる、ってどういうこと?

負けず嫌いっていうのは、私が小学生だった頃とか
先生とかが誰かのことを「負けず嫌い」っていうときに、
別に悪いイメージはなかった。
負けることが嫌だというのは悪いことじゃない
と思うんだけど、競争心っていうとどうなのかな?

A: 小学生とかの時は、成績がよくて運動ができて、
それなのに、しかもかわいいのが一番良いと
されてたよね。でも、やっぱり親達も悪いよね。
常に周りの人と比較されながら、
「誰誰ちゃんはあたまがいいわね~」とか
「○○ちゃんはかけっこが早いよね~」とか
聞きながら育った気がするなあ。

K: 誰かより上でなければ安心できないのでは、
いつも安心できないはず。

A: しかも人を図る尺度なんて変わるからね。
○○小学校では、××君よりはモテてました」
とか言ったって、中学校で通用しないじゃん。
そういった頼りないものを後ろ盾にしているのは、
本当にむなしい話なんだよね、ほんとは。

K: 人と比べることは無駄なエネルギーを使うし、
結局良い結果はもたらさない。


A: 人ばかり見てたら自分が何をしたいのか、
自分はなにが好みなのか、
もうわかんなくなっちゃうんだよね。
だから昨日までOKだと思っていたワードローブが
一日にして全然ダメと思えてきたりする。

K:でも、女性の特有の問題かも?
ある雑誌で、男性から見た女の醜さってどういうところ?
みたいな記事があって、その中で何度か上げられていたのが、
意味のない競争心、みたいな感じのことだった。
意味の無い、っていうのがポイントだと思ったんだけど。

A:例えば?

K:他の人が持っているとどうしても欲しくなってしまう、
とか持っていない自分は大丈夫なのかと不安になる。
女性は特に他の人のapprovalが欲しい、
誰々がこう言ってた、とか、誰々が良いって言ってた、
というものには惹かれてしまうところあるよね。
口コミランキングをチェックしてみたり。

A: 確かに口コミランキングはチェックする、私も。
っていうか、いろんな商品でてるでしょ。
チョイスが多すぎてどう比べていいかわからないから、
これだけ人気があるからいいものに違いない、
と思って選んだりはするね。
でも、確かに行列のできるラーメン屋に並ぶとか、
日本人てよく並ぶよね。
いい、って聞くとそこにドーッと殺到する、
みたいなのは日本特有の文化ともいえるかもしれない。

K:自分の人生は自分しか生きられない。
自分しか主役になれない。

人と比べて人の価値観で生きようとするとき、
ことばを変えて言えばある意味他の人の真似をしたり、
自分ではなくて他の人のように生きようとするとき、
実は一番素敵な自分らしい部分を
覆い隠してしまうことになる。

魅力的な人っていうのは、
その人らしさを生きている人。


A: 魅力的な人にはオーラがあります、って
どこかに書いてあったんだけど、それって、
自分に対する自信が結局オーラになってるんだと思う。
 自分らしく生きているとき、って無理がないじゃない。
だからいやなテンションがないんだよね。
本当のツヤってやっぱり自分らしくいきてないとでてこない。

K:でも、つい人と比べるっていう罠にはまってしまう
ことってあるんだよね。でも、注意しないと、
どんどん不安や恐れの感情にひっぱられてしまって、
どんどん大切なものを見失ってしまう。

A: 比べるっていうのは、本当に不安感をも
煽りまくるのよ、びっくりするぐらい。
やっぱり、自分をそのまま受け入れて
人生を心から楽しんでいることがなにしろ魅力的だよね。

K:ふと力を抜いてみて、
自分が持っているものを見直してみるときに、
実は自分がかっこいい生き方をするための
必要なものはもうすでにある、ってこと多い。

他の人のものをうらやまなくても、
ちゃんと自分にもある。
どちらにしても、人が持っているものは
自分のものにはならないんだから。


A:だからかっこよく行きたいなら、
あまり周りをきょろきょろせずに、
ゆったりと自分の人生歩きましょ
ってことだ。

K:それぞれのいのちには目的や計画がある。
それは、他の人とは違う一つしかないもの。
私にとって一番素敵な生き方は、
私にしかできない。。。


音声はラジオで~

ラジオ番組を聴く

ナビゲーターは

ナースくみ
(看護師であり、イギリスで
ヘルスアドバイザーとして
HIVカウンセリングなどを
行なってきた経験を持っています)

と、

AYA

(アフリカで学校に行けない子どもたちに、
教育、保健衛生、職業訓練や、
母親への識字教育などをしていました)

がお送りします!




過去のラジオ番組も合せて聴けます


あなたを必要としている人がいる
あなたは、はかり知れない価値がある
あなたは、
すばらしい未来を切り開くことができる


posted by maco

クリックよろしく!
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 避妊・中絶へにほんブログ村

募金サイト イーココロ!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。