スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママ業

こんばんは ナオコです☆


知っている人も多いと思いますが、
私には3歳と1歳の息子がいます。

マルコメ味噌が良く似合いそうな
子たちです。

今日夜ご飯を食べ始めて上の子は、
ひたすらおかずを食べていました。
そして下の子はひたすら白米だけを
夢中になって食べていました。
白米がなくなると、上の子の白米が入ったお茶碗を指差して「あーあーあー!!!」と、白米くれコール。

同じ両親から産まれてきた見た目はそっくりと言われる2人の中身は似ている部分より、正反対の部分が多いです。毎日その発見が面白いんですよね!

一人一人ユニークに造られているものです。


私は、周りの人のたくさんの助けのお陰で子育てを楽しくやっています。

でも下の子が生まれてからはそれまでには感じなかった大変さや、やることの多さに疲れたな~と感じることも多くなりました。

なんか、母業ばかりじゃなくて、もっと世のため人のためにせかせか動かなくちゃダメじゃない!? なんていう焦りも少し感じました。


そんな時、私がベビーシッターした0歳だった子が今は10歳だと言うことを思い出しました。
「昨日できなかったことが今日出来るなんて赤ちゃんってすごいな」という感動を私に初めてくれた子は今、サッカーがすきな子に成長しました。

当時16歳で、スケボーでそこら中遊びまわっていたその家の長男は結婚して家族を養っています。

そんな事を考えていたら、今しかない子どもたちとの時間を
十分に手をかけて楽しんでいいんだと思えました。

子育てが終わった頃には目尻のシワが増えているかもしれないけど、
子どもが巣立っていくのを見る時に、きっと誇れる何かが残るはず
だと思えました。


そう思えたら優先するべきこともよく見えて来たし、
子どもとの色々な時間がより愛おしくかんじるようになりました。

子育てを通して社会とつながる機会も
たくさん増えています。


必ず子どもは成長していきます。
リラックスしつつ、子どもと一緒に遊んで、食べて、
色々なことを話し合って、見つめて、共有して、
たっぷり「あなたは大切」ということを
伝えていきたいですね!


あなたの蒔く愛の種は必ず良い実を結びます!!!!

Written by naoko






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。