スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男になれよ!第4話

6回にわたっての男性からのメッセージ
「男になれよ!」の連載
トピックは

1.女性が変わるのを待つな!
男なら自分がまず変えろ!
2.結婚の誓約(約束)
~男が言ったことを守らなかったら、何も残らない!
3.つきあってる?
  ~将来のための貯金だと思うべき!
4.いい父親?だったら子どもの友達になろうとするな!
5.プライド持とうよ!
6.世界を変える前に自分を変えろ!


で紹介しています!


ジャパンアライヴでも
たびたび協力いただいている
マイケルのトーク、
ナースくみがインタビュー役をつとめました[:ニコニコ:]


第4話!!
    

マイケルは、「男臭くなること」に情熱を持っている。
夫であり父親ある彼が
男性に対して「男になろうよ!」
とチャレンジする。

男とはどうあるべきか、
今の時代にもっと男臭い男たちと
そのためのモットーが必要だと熱く語る。


[:down:][:down:][:down:][:down:][:down:]



『いい父親?だったら子どもの友達になろうとするな!』




父親として、子どもに対してどうあるべきか?


子どもにとって、いい友達みたいな存在になろうとするのは良くない。

自分は、息子に対しては
「最高の男に/人になれるように指導すること」
が父親の役割だと思っている。

息子が成功する人となるための必要なもの、
すなわち
生きる術を学ぶことができる環境や情報を提供してあげること。



そのためには、自分がまず基準を持ってなきゃいけない。
自分がまずロールモデルであることを知らなきゃいけない。
ここで自分の「ルール2」はでかい!


友人関係を考えると、自分は友人に
「こう生きろとか、俺のまねをしろ
」とか、訓練させる権威は、一切ない。も
ちろん、友人のためには何でもするけど、育てることはできない。

子供から、受けるのは、友情じゃなく、尊敬。

例えば、息子が、朝起きて機嫌が悪く、
「疲れたから、学校行きたくない。」
というとする。

友人だったら、「だいじだよ。何とかなるさ。頑張ろうよ。行った方が良いと思うよ。」
などと、励まそうとする。

しかし、大人になって、
機嫌が悪いからとか、疲れたから、会社休む、遅れていく、
なんてことをしたら、人間失格でしょ。

だから、俺の仕事は、息子が立派な人間になるために訓練することでしょ。

疲れたとか、機嫌が悪いことで、学校を休むことは、許さない。
そういうことを言い訳とさせない。

友人にそんなことをしたら、友人は当然怒り、自分も嫌われて嫌な気持ちになる。
子供の友人となろうとするなら、結局、機嫌取りだけで、将来を助けてないんじゃない。

物事や行動には結果が伴うってことを子供たちに教えなきゃいけない。
周りを見ていると結果を考えずに欲求や気分にコントロールされてる人が多すぎる。
大人はそうじゃいけない。

それをできないで子どものような行動をとっていたら、
子どもとしてしか扱われなくても仕方ないと思う。




まぁ、余談にはなるけど、奥さんも夫を小学生のように扱ってはいけないんだけどね。
特に子どもの前で。


話 by Mike
インタビュー by Kumi
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。