スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮設で編み物クラヴ 〜 ヤーンアライブ

2011年7月、同年3月11日の東北大震災と津波で被災した女性たちに手編みを通して お互いを支え合おうという趣旨で、サーカ テディーさんが彼女のNPOジャパンアライブの下部組織としてヤーンアライブを始めました。

日本を含む世界中から毛糸、針、鍵棒、ボタンなどが寄付され、被災した女性たち が七ヶ浜の仮設住宅のコミュニティーセンターに毎週集まり編み物を始めました。​

皆で集まって編み物をすることが被災者の悲嘆や不安を和らげる助けとなるとサーカさんは実感するようになりました。 ​

仮設住宅の狭い部屋での孤立感や寂しさから少しでも解放されるだけでなく、仮設住宅に入るまでは同じ町民であっても全く知らない人たちが絆を築く助けにもなりました。

最近では(2014年3月)、人数も2倍になり3つ目のクラスに拡大しています。
たくさんのブランケットを編み、被災地の幼稚園や仮設住宅の方々、
遠くシリアの難民の子ども達に届けたりしました。
今月はフィリピンにも贈られる予定です。

見て下さい!婦人達の笑顔・・・
_MG_1802-3.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。