スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虐待やDVの中で育った子どもは性暴力に頼る・・・

自分を大切にすること〜境界線を設けること


面白い記事を読んだ。

ちょっと前の産経ニュースの記事
『性暴力で年少者を支配する施設の子供たち…
虐待、DV、性刺激の末に」

それによると、
家庭内での虐待や配偶者間暴力(DV)の中で育った子どもは
性暴力に頼るという。

「落ち着ける時間やプライベート空間を
暴力で侵害され続けた子供は、
自分や他者を大切に思う気持ちを
知らずに育つ」んだって!


そこで、
千葉のある児童擁護施設では、
自分の部屋に他の子どもを入れないようにしたり、
自分の物しか入れられないボックスを
用意してそれを自分で管理できるようにしているのだそう。


そうすることによって
他人と自分の境界を知ることを
頭じゃなくて実際に、感覚的に知ることにより、
他の人/物を尊重することを学び、
自分が大切な存在だと実感できるそうなのだ



ジャパンアライヴで行っている性教育
「境界線」の教えをベースにして、寸劇を交えながら
わかりやすくライフスキルを学ぶ。

境界線を学ぶことで
自分の大切さを知ることができるから。
相手と自分を尊重するにはどうすればいいのか
自分の気持ちをキチンと伝えるにはどうすればいいのか
などなど・・・考えるきっかけを提供できるように。


境界線について〜詳しくはこちら
http://www.japanalive.org/boundary.html


やっぱり若いうちに
自分と他者の境界線を知って
自分を大切にすること、他人を尊重することを
学ぶことが大切だよね。。。
スポンサーサイト
プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。