スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線失敗談


こんばんは~ナオコです!!
今朝車で信号待ちをしていたら5歳の長男が「あ!!!ダンボール!!!」と叫びました。

何でこの子、こんなにダンボールに反応してるんだ?
と思いながら長男の指さす方を見たらそこにあったのは……

ドラゴンボール!!

ドラゴンボールがダンボールだったら雨風に弱くて、七つ集める間にボロボロだぜぇ。
ワイルドだろぉ。


さてさて、今月は境界線がテーマ。今日はわたしの境界線失敗談をそんなに深く掘り下げずサラリと紹介させていただきます。

第3位
『メールの返事が自分のノリと違うからってガッカリ事件』
私はメールなんかも長かったり、絵文字たっぷり使ったりしてたんだけど、あっさりした返事が来ると、この人は私がキライ?なんでこんなそっけないの?
とすぐ思ったりしたものです。でもただ単に価値観の違いなんですよね。すぐに被害妄想に走る必要は無いんです。だって、私と友達は違う人間ですからね!メールのやり方も人それぞれ!それでいいんです!!


第2位
『私があなたを変えなくて誰があなたを変えるの?事件』
結婚して誰もが一度はイラっとさせられる相手との生活週間の違いや、価値観の違い。
私のダンナさんは、超しょうゆ人間。甘味がダメなダンナさんは何でもしょうゆ。しょうゆ。しょうゆ。私はかなりこれを批判して、私がしょうゆ依存をやめさせなくては!とダンナさんがしょうゆを使う度に一言横から何か言いました。
もちろん健康でいてほしいから言うんですけど明らかに、態度は私の言うことに服従しなさい!と言った感じでした。でも、やっぱりそれはダンナさんの問題で私がやっきになることじゃないかなぁと思ってあまり言わないようにしました。すると今ではしょうゆ以外の調味料も料理に使ってくれるようになりました。誰だってガツガツ自分を変えようと鼻息を荒くして向ってくる人の言うことは聞きたくないですよね~( ´ ▽ ` )


第1位
『アドバイスしてたつもりが、ガツガツ(また)し過ぎて相手が寝てしまった事件』
これは恥ずかしい体験というか、ある意味とっても境界線を理解するためにありがたい経験でした。
私は電話であることを相談してきた友達に、今私がもっている知識全てを使ってこの子を説得しないと!と思ってベラベラベラベラしゃべりまくりました。
しばらくすると受話器から「スー スー」と寝息が聞こえてきました。
ビックリ&少しショックを受けながら「○○ちゃ~ん…寝ちゃったみたいだから…きるね~…」ともう誰も聞いていない受話器に向って話して電話を切りました。
私は明らかに相手の領域にまで踏み込んで相手をコントロールしようとしていたんです。でも私がアドバイスを出来るのはあくまでも相手の境界線の入口までなんです。そこからアドバイスを線の中に入れるか入れないかは相手が決めることなんですよね。

私にドカドカ境界線に侵入された皆さんごめんなさいね(^_^;)
今ならもう少し、「あなた」の境界線を大切に出来るとおもいますぅ。

自分の境界線をあいまいにさせて、失敗した話しもたくさんあります。でもそれはまた今度いつか…☆








スポンサーサイト
プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。