スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児院に行って来ました!

乳児院に行ってきました[:赤ちゃん:]

乳児院とは、
なんらかの理由で保護された子供
(要は家庭に恵まれない子供たち)の中でも
2歳児以下が暮らす施設です[:学校:]



昔の孤児院のイメージとは違い、
きれいな環境に、少人数制などを取り入れ、
なるべく家庭の雰囲気を作り出すように
努力している様子が伺えました[:おはな:]



でも、私の結論として行き着いたのは
やはり、子供は

家庭という環境で育てられるのが一番[:イケテル:]
だということ


アメリカやイギリスなんかでは、
施設ではなく、

里親や養親などによる家庭養護[:家:]
を促進
していて、
このような子供たちの
6~8割家庭で養育されます

一方、日本は
90%以上がずうっと施設暮らし[:汗:]

その背景には経済的なこともあるみたいけど、
なにしろ「親主体」であることが
決定的な問題だと思う。


「子供のために何が一番なのか[:?:]」
それを考えていかなかったら、
子供たちは

そのエゴに挟まれて生殺しみたいになっちゃうよ、
ホントに。


りな

「いらないといわれる子供を、
みんなが引っ張りだこにするような
有能な人間に仕上げるのは
素晴らしい魔法です[:ニコニコ:]」


イギリスでホームをしていた
バナードス博士は言いました


これが真にできるのは、
やはり一生かけて
実子として育てる決心をした
養親に他ならないのでは[:!?:]



Posted by aya
スポンサーサイト
プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。