スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線〜恋人編

今日のラジオは境界線
恋人編です

自分を大切に生きるには?

相手と自分を尊重する

自分の気持ちをキチンと伝える

ラジオ

性教育の講演で実際にやっている劇を
披露してくれますよ〜
スポンサーサイト

境界線〜友達編

2013.mp3

今日のラジオ番組は、ワークショップでも
いつも紹介している、境界線についてのトピック。

今回は、友達編です。

MH900406378.jpg

ノーと言えない・・・

都合良く利用されている・・・

相手の為によかれと思って・・・

怒りをおさえつつ、しょうがないから・・・


そういう人間関係は、何が問題なのでしょう???


相手のことは変えられない。

でも、自分は変えられる!


何をすればよいのか?

このラジオ番組にヒントがありますよ〜
是非聞いてみて下さいね!

わたしとあいて

またまたお久しぶりになってしまいました。
ナオコです(>_<)



今月は『境界線』がテーマです!

境界線の概念などは、前回と次回でわかりやすくkumiが説明してくれるので省いちゃいますね!

境界線ってわたしの頭の辞書には無いことばでした(^_^;)
でも、人間関係の境界線について学んでいくに連れて、境界線を理解することで、これだけ人生は楽になるし、他の人の気持ちも尊重できるんだ~!
という体験をたくさんしました。
まだ学び途中ですけど…

境界線って、難しいことばだから(わたしだけ?!)
オトナになってから(もう結構オトナだけど… )
考えてもいい事かと思ったら大間違いで、こどもにもとても大切なんです!

わたしは普段幼稚園で働いています。幼稚園ではいつもこうゆうことがあります。

「せんせ~  ○○ちゃんが、※※って言った~(´Д` )」

と言いに来る場面がたくさんあります。そして大抵の場合※※に入る言葉は、『ぴぽぴぽ』『バナナ』『かえる』とかだったりします(なんじゃそりゃ~) 
時には『バカ』とか。


この時、確かにあいてが嫌がることをわざと言った方のこどもの態度は、良いものではないから注意します。


でもじゃぁ、言われたこどもは本当に『バナナ』なんでしょうか?
本当に『バカ』なんでしょうか?

答えはNOです!!!

つまり、ここが境界線を引いていいところなんです。

他の誰かが自分に言ったプラスにならないことばや態度すべてを
受け取って、『自分』の一部にする必要はどこにもないんです。

こどもにも『それは本当のことじゃないからポイって捨てていいんだよ。○○ちゃんはとても素敵だよ!』とか、言われたことの反対のことばをかけています。

あらゆることばや態度を心に受け入れて、傷ついて、怒って、憎んで、避けて…。

このパターン、こどもだけじゃなくて大人でもありますよね!


わたし と あいて

どちらも尊重されるべき存在。
そしてどちらも違う1人しかいない人間。
わたしの人生はわたしの人生。
あいての人生はあいての人生。

どんな事を受け取って成長するか、どんな事を捨てて前に進むかは、自分が選択していいことなんですよ!同じように誰かに何かアドバイスをしても、それを使うか使わないかは、あいてが選択することで、わたしたちはそれを尊重するべきです。

お互いを大切にすると自然にうまれてくるものが、境界線だとわたしは思っています!!








自分の心は自分のもの

こんばんは!ナオコです!

きのう、出かけ先から帰って来るとウチのアパートの部屋と駐車場の真正面に砂利がこんもり積んでありました。

雨も降っていたし、あまり気にせず近所の子が遊んだんだろうなくらいに考えて家に入りました。

そして今日の夜。

ピンポーン。

誰かと思ったら大家のおじいちゃん。

「あんた、あそこの砂利知ってるかい? 砂遊びは聞いたことあるけど砂利遊びなんて聞いたことない。」
若干怒り気味に、そしてあきらかに疑っている感じの言い方でゴニョゴニョ!

大家さんには「子どもは石好きですからね~ 気をつけますね。」くらいに言いました。

大家さんの言葉は昔の私だったらきっと「誤解してるし( ̄^ ̄)」ってちょっとイライラってしたと思います。


皆さん、他の人に言われた何気ない一言に深く傷ついたり、わかってもらえなくてイライラってしたことないですか?大家さんとの事は全然大したことでは無いですけど、他の人から言われる言葉に動揺したりすることってたまにあると思います。友達の間とか、嫁姑とか…


濡れ衣を甘んじて受ける必要は絶対に無いけど、自分の中で信じていることがぶれなければそんなに人からの言動や評価とかって気にしなくていいと最近は思います。

もちろん他の人の貴重な意見として聞く耳を持つことは大切だけど、全てを心に受けて、落ち込んだり、怒ったりすることが必要無い場合もたくさんあります。


どうしても傷つけられた!って時は憎さが増殖して、眉間にシワが寄ってくる前に、相手をゆるして、手放して、自分もその所から開放して笑顔で前に進みましょう!誰かを憎んでも顔と心にシワが増えるだけです…!


心は自分のものです。心を守ることが出来るのも自分です。
受け取るべきことは受け取って、必要ないものは受け取らない。

健全な他の人と自分の境界線を持ちましょう! 


Written by naoko

Noが言えない日本人~上手に言えるためには?

今日のラジオは
Noを上手に言えるように


Noが言えないっていう人
多いんじゃないかな?
私も昔、結構そうだった。。。
というか、私の場合
言えないというより、言いたくない
って感じだったかも

ラジオでくみとあやのトークを
お聞きください!

続きを読む

プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。