スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化を変えるのではなく 価値観を変えるのです

「文化を変えるのではなく
価値観を変えるのです」


全くその通りだと思いました。

その為に
「声」を発信していくこと。
子ども達に
「自分がどんなに大切な者か」
「どんなに愛されているか」
「どんなに価値があるか」
を伝えること。
そして祈ること。

自分に何ができるのか?

一緒に考えてみませんか?



http://youtu.be/2EJaKvt4h00
スポンサーサイト

虐待やDVの中で育った子どもは性暴力に頼る・・・

自分を大切にすること〜境界線を設けること


面白い記事を読んだ。

ちょっと前の産経ニュースの記事
『性暴力で年少者を支配する施設の子供たち…
虐待、DV、性刺激の末に」

それによると、
家庭内での虐待や配偶者間暴力(DV)の中で育った子どもは
性暴力に頼るという。

「落ち着ける時間やプライベート空間を
暴力で侵害され続けた子供は、
自分や他者を大切に思う気持ちを
知らずに育つ」んだって!


そこで、
千葉のある児童擁護施設では、
自分の部屋に他の子どもを入れないようにしたり、
自分の物しか入れられないボックスを
用意してそれを自分で管理できるようにしているのだそう。


そうすることによって
他人と自分の境界を知ることを
頭じゃなくて実際に、感覚的に知ることにより、
他の人/物を尊重することを学び、
自分が大切な存在だと実感できるそうなのだ



ジャパンアライヴで行っている性教育
「境界線」の教えをベースにして、寸劇を交えながら
わかりやすくライフスキルを学ぶ。

境界線を学ぶことで
自分の大切さを知ることができるから。
相手と自分を尊重するにはどうすればいいのか
自分の気持ちをキチンと伝えるにはどうすればいいのか
などなど・・・考えるきっかけを提供できるように。


境界線について〜詳しくはこちら
http://www.japanalive.org/boundary.html


やっぱり若いうちに
自分と他者の境界線を知って
自分を大切にすること、他人を尊重することを
学ぶことが大切だよね。。。

違いは良い。

おはようございます。まことです。

今朝は快晴の仙台。
ピリッとした空気が冬の訪れを感じさせます。

最近は人の違いについて、色々と思った事がありまして、
特に感情の表現の仕方についてが多かったように思います。

皆さんは、どんな風に「感謝」「ありがとう」を伝えますか?

プレゼントを送りますか?
手紙で感謝の言葉を送りますか?
手伝いをしたり、助けたり、実際に「何かをする」事によって伝えますか?
サプライズで表現する人もいるでしょう。


また、他の人からどうされると、「ありがとう」や「感謝」を感じますか?

自分は、小さな頃から実際に「行動する」事によって感謝を伝える事が多かったです。
親父の肩を叩いたり、家事の手伝いをしたり、
今考えると、それが自分なりの感謝だったように思います。

今もそうやって「ありがとう」を伝えているように感じます。

でも果たしてそれが上手く伝わっているのか?
自分では100の「ありがとう」を伝えたつもりでも、
相手が受け取ったのは50で、思ったより反応がなかった。
なんて経験も、なくはない…。。

その逆も然りですよね。


子どもと大人、男性と女性、日本人と外国人。
それぞれの違いを分かっていると、日々のコミュニケーション
とか上手くいくんやろうなぁ。

違いが分からなくても、違いがあるんだ。って知ってるだけで
余計なプレッシャーや葛藤がなくなるように思います。


written by Makoto

それって本当??

こんばんは、まことです。

今日はハロウィーンですね。
って言っても何もハロウィーンっぽいことをしていませんが笑。

この前、TVを見ていたのですが、ある独身の芸能人が
「結婚って辛いんでしょ?周りの人で結婚がいい!って言ってる人が一人
もいないよ!!」

とコメントしていました。

ん!?

何かおかしくないですか?


周りの人がそう言っているからと言って、それが自分に対しても
事実になるのでしょうか??

実際に一歩踏み出さないと分からないだろうし、
もし、結婚というものをすごく良いものとしていこう!
と心掛ければ、そう成ると自分は思います。

世の中情報で溢れていますが、何が本当で何が本当でないのか、
見極めて行く必要がありますね。


どうありたいのか?
どうしたいのか?
何を信じているのか?

今まで当たり前に信じていたこと、実はそうでないかも
しれませんよ。本当はもっともっと良い事が溢れていると
思います。


あなたは世界でただ一人の、ものすごく貴重な存在。

大丈夫、これは事実ですから。


written by Makoto

新しくポッドキャストをアップしました!

こんばんは、くみです!
もう次の日になってしまった時間です。

実はこの1時間ほどポッドキャストをアップロードしようと
頑張っていました。
シンプルなはずの作業がなかなかできず。

余談ですが、
最近の子どもはハイテクだ
とかっていうのを聞くことがありますが
その「最近の子ども」にとっては
もっと前の世代には「ハイテク」なものも
「生まれたときから身近にある当たり前のもの」
なので
別にハイテクでもなんでもないように吸収しちゃうらしいですね~

うちの子どもたちもiPhoneやiPadを使いこなして?います



今回のポッドキャストは
7月の放送から二つ紹介しました!!

まずは
「どうしても変われない?」

恋愛関係や人間関係で
自分のこういうところが悪いってわかっているんだけど変われない。。。どうしたらいいの??
っていう経験ないですか?
でも実はその
どうしたら?
っていうのに注目しすぎちゃうからできないのかもしれない!
じゃあ、何に???~


もう一つは
「shame vs love」
アイデンティティーを盗むもの、自分を自分らしくさせない最大のものって
「恥」かもしれないと思うんです。
でも、じゃあそれに対抗するには?????


続きはポッドキャストで聴いてみてください!
プロフィール

ジャパンアライヴ

Author:ジャパンアライヴ
若者と性について真面目に考えるジャパンアライヴ。
予期せぬ妊娠相談や養子縁組支援、性教育など.

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。